求職者・タレント向け

お仕事をお探しの方やギグベース登録者(タレント)向けの知識やインタビュー記事を集めました。

企業・採用担当者向け

企業・採用担当者向けの知識、導入事例など採用に役に立つ情報をお届けいたします。

求職者・タレント向け

お仕事をお探しの方やギグベース登録者(タレント)向けの知識やインタビュー記事を集めました。

企業・採用担当者向け

企業・採用担当者向けの知識、導入事例など採用に役に立つ情報をお届けいたします。

ギグベースプラスについて

オウンドメディアgigbase+(ギグベースプラス)のコンセプトをご紹介します。

”いろんな人に親しんでもらいたい”コーヒーハウス「ケトルドラム」棚沢さんにインタビュー

棚沢さんとお店について

聖蹟桜ヶ丘にある「ケトルドラム」は、音楽や楽器が好きな店主の棚沢さんと、本を愛する奥様のお二人が迎えてくれる”地域の方の憩いの場”のようなお店。

創業から40年を超える歴史あるお店で、現在は先代からオーナーの棚沢さんが約3年前の2021年から受け継いで運営されています。

お店に来た方は、いつでも気軽にギターやピアノを演奏でき、ブックスペースでは読書をすることもできます。

また、毎月バイオリンの演奏者や「open mic」といういろんな楽器を演奏される地域の方々のコンサートも開催されており、生の演奏を近くで聞きながら楽しめるのが特徴です。

聖蹟桜ヶ丘の中央商店会に加盟されていることから「せいせき音フェス」に参加されるなど、近隣の飲食店とのふれあいも多くあるとのこと。

棚沢さん
「せいせき音フェス」は商店街10店舗ほどが参加し、地域のコミュニティ形成にも繋がるイベントとなっています。

「ケトルドラム」に訪れるお客様としては、地元の方はもちろん多いが、音楽や本に興味のあるお客様も多いんだとか。

棚沢さん
演奏ができるといった看板を見つけてフラッと立ち寄って常連になった方もいれば、コーヒーを飲みに来たという方もいますね。

奥様は「東京の森のカフェ」という本を執筆されており、本を見て来店される方もいらっしゃるそうです。お店には約1,000冊の本も置かれていて、お客様は様々な本を自由に読むことができます。

お店を引き継いだきっかけ

元々はサラリーマンだったという棚沢さんですが、叔母である先代から”お店を閉店する”という話を聞き、このままお店を閉めてしまうのはもったいない、と思い、お店を受け継ぐことになりました。

棚沢さん
自分のなかでは転がり込んできたチャンスだと思いました。全く経験したことがないことでしたが、チャレンジしてみたいという気持ちが強かったですね。

小さい街だが、住みやすく、自然が豊かで、日々いろんな発見ができるのが”聖蹟桜ヶ丘の良さ”と語る棚沢さん。

棚沢さん
これからも音楽と本を楽しむことができるお店という特徴を活かして、いろんな人に親しんでもらいたいです。

おすすめのメニュー

店主こだわりのコーヒーは中煎りと深煎りの二種類。お店のメインメニューになっています。

おすすめのメニューは「おかかピラフ」と「ベーコンエッグサンド」で、先代から受け継がれているそう。

棚沢さん
食材が家庭的な材料でできているのが好評を呼んでいるのかもしれません。

店舗情報

店舗名 ケトルドラム

住所 東京都多摩市関戸2-24-10

営業時間 12:00~17:00

定休日 日・月・祝日

電話番号 090-9105-2664

URL https://kettledrum2021.wixsite.com/cafe

Twitter https://twitter.com/kettledrum2021

ぜひ「gigbase」で聖蹟桜ヶ丘周辺の求人を探してみましょう!

この記事の執筆・編集者

gigbase
ギグベースプラス編集部

「ギグベース株式会社」が運営しているオウンドメディア「gigbase+(ギグベースプラス)」編集部です。 ギグベースに関するお得な情報や、タレント様向けの知識、インタビュー等の役に立つ情報をお届けいたします。

gigbase(ギグベース)

ギグベースは多様な働き方と新しい機会を届けることで、
世の中をもっと良くするために
ジョブプラットフォーム「ギグベース」を運営しています。