• HOME
  • 働き方Tips
  • 1人でできる仕事とは?向いている人の特徴やおすすめの仕事3選

1人でできる仕事とは?向いている人の特徴やおすすめの仕事3選

近年、働き方の多様化により、人との関わりを最小限に抑え、自分のペースで仕事をしたいと考える方が増えてきています。実際に、在宅しながら自分のペースで取り組める仕事は存在しますが、誰にでも合うわけではありません。

1人 できる仕事

本記事では、1人でできる仕事に向いている人の特徴をはじめ、メリットや注意点について解説します。記事の後半では、1人でできるおすすめの仕事を厳選してご紹介するので、これからの働き方について考えている方はぜひ参考にしてください。

1人でできる仕事が向いている人の特徴

1人でできる仕事 向いている 特徴

1人でできる仕事は、誰にでも向いているわけではありません。自分のペースで仕事をするのに向いている人の特徴は、主に次の3つです。

  • 自己管理ができる
  • 決断力がある
  • 責任感があり努力し続けられる

それぞれの特徴を詳しくご紹介しましょう。

自己管理ができる

1人で仕事をやりくりするとなると、仕事の稼働日や作業時間をはじめ、休日などのスケジュールすべてを自分で管理しなければならないため、自己管理能力が求められます。

与えられた業務を納期内でどのようにやりくりするかを自分で考えなくてはならないため、自己管理や時間管理が得意な人が向いているといえるでしょう。

自分で自分を律し、独自のルーティンをつくることができれば、仕事の効率がアップするため、仕事とプライベートの両立も夢ではありません。

決断力がある

1人で仕事をする場合、誰かに判断を仰ぐことなく自分自身ですべての決断を下さなければならないシーンが多くあります。また、効率的に仕事を進めるためにも、状況判断と迅速な行動が求められるのも特徴です。

そのため、優柔不断なタイプの人よりも、自分で決定を下すことに自信がある方が向いているといえるでしょう。責任感をもって決断を下すタフな精神力が求められます。

責任感があり努力し続けられる

1人で仕事をすると、自分の力だけで成果を出さなければならないため、スキルの維持やブラッシュアップが求められます。そのため、常に新しい技術や知識、情報を吸収し続け、自己研鑽を怠らない人が1人でできる仕事に適しているといえるでしょう。

自主的に勉強して成長できる人だけが生き残れる厳しい世界であることを認識し、常に努力を惜しまない方が向いています。

1人で仕事をするメリット

1人 仕事 メリット

1人で仕事をするメリットには、次の3つが挙げられます。

  • 人間関係のストレスを最小限に抑えられる
  • 自分のペースで仕事できる
  • 在宅でもできる仕事が多い

それぞれの詳しい内容についてご紹介しましょう。

人間関係のストレスを最小限に抑えられる

1人で仕事をする最大のメリットは、職場での人間関係のストレスを大幅に軽減できることといえるでしょう。

会社には上司、同僚、先輩、後輩、取引先との複雑な人間関係が存在し、その関係性のなかでうまく立ち回ることが求められます。時には人間関係のトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。

しかし、1人で仕事をすることで、そのような煩雑な人間関係に悩まされることもなく、自分のやるべき仕事のみに集中できます。生産性も高くなりやすく、自己満足を追求しやすいワークスタイルといえるでしょう。

自分のペースで仕事できる

自分の作業速度やリズムを優先して仕事に取り組めるため、効率的に作業を進められるでしょう。

また、自分に裁量権があるため、会社勤めと比べて仕事量をコントロールしやすいのも大きなメリットです。

プライベートの時間を大切にしたい方や家族との時間を捻出したい方にも向いている働き方といえます。

在宅でもできる仕事が多い

1人でできる仕事には、通勤不要の職種も数多く存在します。通勤時間を気にせず、自宅で仕事ができるのも大きなメリットの一つです。満員電車に揺られる必要もありませんし、従来よりも自由な時間を確保できるでしょう。

自宅はもちろんのこと、近所のお気に入りのカフェやシェアオフィスなど自分の好きな環境で仕事ができるため、労働生産性を高めることにもつながります。

1人でできるおすすめの仕事3選

1人でできる仕事 おすすめ

ここからは、1人でできる仕事のなかでも特におすすめの職種3つを厳選してご紹介しましょう。

  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • フリーライター

それぞれの職種の特徴や必要な資格などを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

プログラマー

プログラマーは、1人で仕事をする職種として人気があります。プログラマーの主な業務は、システムエンジニアが制作した設計書をもとにコーディングを行なうことです。必要に応じて、テストやバグの修正も実施します。

仕事をするうえで必要なのはパソコンとインターネット環境だけですので、知識や経験さえあれば誰でも挑戦できるのも特徴です。近年では、在宅で仕事をするフリーのプログラマーも増加傾向にあります。

IT業界では資格も重視されるため、JavaやPythonなどのプログラミング言語の資格を持っていると仕事の幅が広がるでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーもまた、1人でできる代表的な仕事の一つです。Webデザイナーとは、企業のホームページやWebサービスのデザイン制作を行なう職種で、デザイン設計だけでなく、企画やコーディングまで携わるケースが多くあります。

クライアントとの擦り合わせは必要ですが、オンラインで完結するケースがほとんどですので、在宅での作業も問題なくできるでしょう。

PhotoshopやIllustratorなどのソフトウェアの操作スキル、そしてHTMLやCSSなどの基本的なコーディング能力が求められます。資格としては、Webクリエイター能力認定試験などが存在するため、資格を取得しておくことで仕事の幅を広げられるでしょう。

フリーライター

フリーライターは、企業や個人からライティングや取材などの案件を受注し、記事作成や広告文書作成など、企業が必要とするさまざまなライティング業務を担当する職種です。

特に資格は必要なく、ライティング実績を提示して仕事を受注するケースがほとんどです。パソコンとインターネット環境が整っていれば、いつでもどこでも仕事ができるのもうれしいポイントといえるでしょう。

1人でできる仕事をする際の注意点

1人でできる仕事 注意点

1人でできる仕事にはたくさんのメリットがありますが、いくつか注意すべきポイントも存在します。

1人でできる仕事は、正社員として働く場合と比べて、仕事にまつわるすべての責任を担います。ミスをした場合にフォローしてくれる上司や同僚もいないため、自分だけでカバーしなければなりません。

また、1人で仕事をする場合は、自分で求人や案件を見つけて仕事を獲得する営業力も求められます。さらに、仕事がない日や休日は報酬が得られないので、正社員に比べると経済的な安定性に欠けるのも注意すべきポイントです。特に50代以降の方は、退職後の生活設計を考慮する必要があるでしょう。

まとめ

1人でできる仕事

1人で仕事をすることは、自由な働き方を実現できる魅力的なワークスタイルとして注目されています。本記事を通して、人間関係のストレスを軽減できたり、自分のペースで働くことができたりなどさまざまなメリットをご理解いただけたのではないでしょうか。

その一方で、自己管理能力、決断力、責任感など自分自身をコントロールする力だけでなく、常に自己研鑽に励む意識が求められると理解する必要があります。

本記事でご紹介した内容を参考にしながら、自分のライフスタイルに合わせたワークスタイルを考え、充実した毎日を送りましょう。

この記事の執筆・編集者

gigbase
ギグベースプラス編集部

「ギグベース株式会社」が運営しているオウンドメディア「gigbase+(ギグベースプラス)」編集部です。 ギグベースに関するお得な情報や、タレント様向けの知識、インタビュー等の役に立つ情報をお届けいたします。

スキルを起点に企業と繋がる

累計実績 100 万件以上!
キャリアにつなぐ転職・副業プラットフォーム